札幌光星のイメージ写真
札幌光星中学校・高等学校

お知らせ・新着情報

一般のお知らせ

2019.08.22 区分 中学 高校

宗教講話 8月

聖句 ルカによる福音書19章1節~10節
 イエスはエリコに入り、町を通っておられた。そこにザアカイという人がいた。この人は徴税人の頭で、金持ちであった。イエスがどんな人か見ようとしたが、背が低かったので、群衆に遮られて見ることができなかった。それで、イエスを見るために、走って先回りし、いちじく桑の木に登った。そこを通り過ぎようとしておられたからである。イエスはその場所に来ると、上を見上げて言われた。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」ザアカイは急いで降りて来て、喜んでイエスを迎えた。これを見た人たちは皆つぶやいた。「あの人は罪深い男のところに行って宿をとった。」しかし、ザアカイは立ち上がって、主に言った。「主よ、わたしは財産の半分を貧しい人々に施します。また、だれかから何かだまし取っていたら、それを四倍にして返します。」イエスは言われた。「今日、救いがこの家を訪れた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子は、失われたものを捜して救うために来たのである。」

 ローマ帝国に支配されていたユダヤでは、ローマへの納税義務が課せられ、徴税人ザアカイは、ユダヤ人でありながら、ユダヤ人から税金を集めていました。さらに、当時の徴税人は、定められた額よりも多くの税を取り立て、その余剰分を自分の懐へ入れていたため、ユダヤからは「罪人」とされていました。そのような状況にあったザアカイは、孤独と良心の呵責に悩んだでしょう。
 罪人と交わりを持つことを考えられなかった時代に、イエスはザアカイの家に泊まったり、同じく徴税人であったマタイを12弟子の一人にしました。こうした行動からイエスは非常識な人間だと思われていました。それでもイエスは、「私が来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」と言い、彼らを受け入れます。
 イエスとの出会いを通して、徴税人ザアカイもマタイも、自分の生き方を変えた人物です。私たちも、生き方が変わる出会いがあるかもしれません。その時、どのような生き方を選びますか、というお話でした。
このページの上へ