札幌光星のイメージ写真
札幌光星中学校・高等学校

教育目標

学校紹介

教育目標 札幌光星学園の「全人教育」

社会に貢献できる豊かな人間を育成したい。
それが光星の80余年変わらぬ思い。

COMMUNITY社会性を育む
集団生活での規律を学び、コミュニケーション能力を身につけて社会に貢献できるために必要な土台を築きます。
INTEGRITY人間性を育む
キリスト教の教えに根ざした人間観を基盤として自分を高め、その力を進んで人のために使うことのできる豊かな人間性を育てます。
INTELLCT知性を育む
独自のカリキュラムで、「知る」ことの楽しさを通して教養を高め、将来、自分を必要としてくれる人のための確かな知性を育てます。
社会性を高める

他者のために働く事ができる、人材の育成

キリストの究極の精神

札幌光星学園は、1933年の創立以来、人を愛するためには命をも惜しまないという、キリストの究極の精神を、わが身に体現することのできる人材の育成を目指して、その教育を推進してまいりました。

今日、各界で活躍する多くの人材を、この札幌の地で輩出する事が出来たのは、それはひとえに、その精神を基盤とした学園関係者一同が、鋭意努力してきた結果だと自負しています。それは、私たちが自分に与えられた固有の存在と能力を持ち、その能力を発揮する事によって、自分の幸せのためであると同時に、他者の幸せでもあることを自覚してはじめて、成長した大人となることを認識した卒業生を、世に送り出したという意味でもあります。 ですから私たちは、本学園を卒業していく生徒達が、そのような理想を実現するために、社会のあらゆる分野で核となって活躍し、他者のために働く事を幸せと考える人材となるよう、常に指導しています。

多くの優れた人材が生まれる学び舎。

札幌光星学園校舎正面

わたしたちは、生徒達が学園で学びながら、人の痛みがわかり、人の支えとなる力を持つ温かい人間となるために、仲間と刺激しあい、助け合い、互いに成長していくことによって、人生の中で最も多感で柔軟な時期に、無理なくそのような資質を、はぐくみ育ててもらえればと考えています。

勉学に励む意義の多くは、自分の力を蓄えることによって得られた資質が、いかに立派に利用されるかにかかっています。私たちは自分の能力を最大限に利用しながら、自分を取り巻く多くの人々の幸せが、得られれば良いと考えています。 人が成長するということは、そのことに気がつくことから出発しなければならないのです。大多数の卒業生は全国の大学に進学していきますが、彼らはさらに多くの知識を得て、それをさらに深く探求する場である大学において、本学園で得たものをさらに磨き完成していくものと確信しています。 彼らはこのことを知っていますから、大学を単なるゴールととらえることなく、その先の、自分が属する社会への貢献という目標を見据えているものと思います。これは、ひとえに、本学園で学び得たものの完成への道筋であり、「多くの優れた人材」という表現にこめられた教育の成果だと確信しています。

このページの上へ